太陽光発電とは

太陽エネルギーを電力に変換、電力を創り出す「創エネルギー」システムです。昼間の余った電気を電力会社に売り、夜間や雨天には必要な分だけ電力を買う仕組みのため、大きな経済的メリットがあります。 環境への意識が高まる中、CO2を出さないクリーンなエネルギーの太陽光発電住宅を選ぶ人が増えています。

発電した余剰電力は売電できるので、経済的なメリット大

昼間の余った電気を電力会社に売り、夜間や雨天には必要な分だけ電力を買う仕組みのため、大きな経済的メリットが期待できます。 また、電力会社とのやり取りも自動的に行われるので面倒な作業は発生しません。

電力会社との関係

ページの先頭へ

CO2の排出量を削減。地球環境に貢献できます。

現在、CO2排出が大きな問題となっているのにも関わらず、太陽の光を使った自然エネルギーは、CO2を全く排出しません。太陽光発電は太陽光があたってる限り自然に電気を発電します。その際に発電機などの駆動部分がないので、騒音もなく燃料もいりません。排気ガスや有害物質も出さない地球環境のための発電システムです。

太陽光発電のしくみ

太陽電池は半導体でできています。この半導体に光を当てると電子が飛び出して電機が流れる現象を利用して、太陽の光エネルギーを直接電気エネルギーに変換しています。太陽電池という名称ですが、電気を貯める機能ではなく、光の日射強度に比例して発電します。

ページの先頭へ