「200年住宅」のトップランナー
国が推奨する安心の家づくり「北方型住宅」がさらに進化し、国の「超長期住宅(200年住宅)先導的モデル事業」に採択されました。

3つの安心機能

@しっかりとした性能基準

長寿命

長く暮らし続けることができ、次世代に引き継がれる資産となる住まい

安心・健康

いつまでも安心して暮らせるよう高齢化に対応し、健康で快適な室内環境を確保した住まい

環境との共生

省エネルギーで、冬の除雪の負担も少なく、北海道らしい四季の暮らしを楽しむ住まい

地域らしさ

北海道の気候風土を活かし、身近な地域の素材や技術を活かした住まい

地球にエコ ムダなエネルギーを使わない

安心設計

設計内容の基準適合とサポートシステムでチェック。ユーザーは設計者から報告を受けるだけ。

安心施工

完成後に見えなくなる部分も段階ごとに経過報告があるから、施工の不安も解消

資産長持ち

設計・施工データは第三者機関でしっかり保管。リフォーム時も役立ち資産価値も長持ち。

認定技術者による設定・施工

北方型住宅ではBIS(ビス)とBIS-E(ビス・イー)という住宅の断熱気密の専門家が設計・施工を行います。

BIS認定制度

住宅の断熱・気密の技術力を判断するための認定資格で、3年ごとに更新

BIS

断熱・気密・換気・暖房の専門知識を持ち、正しい設計ができる資格者

BIS-E

高い技術の断熱・気密の施工ができる資格者

BIS-M

両方の資格を持つ技術者(ビス・マスター)

国内最高水準の断熱・気密性能

建物の耐久性を考慮し劣化対策
隙間相当面積
C値=1.0cu/u以下
主要構造材
含水準20%以下の乾燥材(D20以下)または集成材を使用
超長期暮らすための対策
省エネ対策として
熱損失係数Q値=1.3w/u以下(換気による熱回収無)
高齢者等配慮対策として
階段の勾配:高齢者配慮対策級=4等級相当
街並や景観に配慮して
外壁を道路境界から1m以上後退させる
建物の記録・家歴の作成と保存
WEBで利用できる北方型サポートシステム
建て主、住宅供給水準者、登録保管機関の二者による記録保管
その他の先導的な提案
除排雪負担量の事前チェック
「北方型住宅解説書」等の作成
北方型住宅公式ホームページ 北海道建設部建築指導課

ページの先頭へ